Top

この写真は七月工房の玄関のアプローチです。古い民家を改築して事務所にしています。東京の代々木駅から程近い場所ですがこんな静かな別世界があります。
by sitigatu_atelier
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2012.皐月
春が終わり夏が来る前の今頃の季節は風景に彩りと勢いを感じます。
事務所玄関横のツツジが今満開です。そして外壁にはうツタはアッという間に青々とした若葉に成長して、一軒家の事務所は今年も「緑の館」に変身しました。
ところで皐月の「さ」は耕作を示す古語で、稲作の月であることから「さつき」と呼ばれるようになったとか。
さて、「青森の住宅」がほぼ竣工しました。連休前に完了検査も終わり、今は外構などの残工事が進んでいます。
思えば雪が来る直前の昨年12月初旬に建て方が終了、そして来る日も来る日も雪が降り続く厳しい条件の中での工事でした。
白い景色の中での見慣れたモノクロームの世界から一気に雪が消えて、赤褐色の外壁が北国の澄んだ青空に映る彩りのある風景が誕生しました。
3階のサンルームから眺める残雪の八甲田連山が実に美しく、北国でも春爛漫から初夏へと確実に季節が移っていることを知らせています。
初めて敷地を訪れてから丸2年、青森通いもこれでひとまず終了ですが、これからも四季折々に「青森の住宅」を訪れて、特に厳冬の積雪の様子や初めて採用した蓄熱暖房の効果などについて検証してゆきたいと思っています。                      2012.5.10
d0097607_21514878.jpg

d0097607_21573841.jpg

[PR]
Top▲ | # by sitigatu_atelier | 2012-05-10 22:05
桜満開
いつにも増して厳しかった冬がやっと終わりを告げ、東京では今年も桜が満開の季節になりました。
災害公営住宅の計画作業は3月末に報告書をまとめて、国交省に提出して一区切りです。
これからは実施にむけて、ひとつひとつ課題をのりこえてゆく息の長い作業が続きます。
さて3月末に、以前設計した2つの住宅をたて続けに訪れました。
一つは昨年夏に完成した「土浦のすまい」、もうひとつは完成して17年経つ「北新宿のすまい」です。
収納の増設や外壁改修をしたいとの連絡を頂き、久しぶりの対面となった訳です。
この手の対面はいつもそうなのですが、長らく会わなかった子供と久しぶりに会うような、嬉しさと気恥ずかしさ、そして若干の怖さが入り交じった何とも複雑な気持ちにさせられます。
久しぶりの町、通いなれた道、そこに現れたなつかしい「すがた」。
苦労した納まりやしかけ、仕上げなど迷いに迷った様々な表情に出会って、毎週のように打合せを重ね、現場に通った日々がついこの間のようによみがえりました。
二つのすまいとも丁寧に、愛着をもって住まわれている様子が感じられてまずはほっと一安心。やはり住まいのイメージを住み手と設計者がともにつくり、共有してゆくことが大切なのだ、と再確認です。
また「北新宿のすまい」は17年の時を経てムク木材や土壁など、自然素材で仕上げられた室内が美しく経年変化を遂げていて、素材のもつ強さ、奥深さを再認識させられました。
そこに住む人とともに「美しく成長する家」をこれからも丁寧に設計してゆきたいと、久しぶりに二つのすまいに対面して強く思ったのでした。           2012,4月7日
d0097607_16225558.jpg

昨年夏に完成した「土浦の家」。寒かった冬を越え、春をむかえ、これから四季を重ねて、ご家族とともに美しいすまいに成長してほしいと願う。またの対面がとても楽しみ。
[PR]
Top▲ | # by sitigatu_atelier | 2012-04-07 16:42
2012.早春
いよいよ、1年目の3月11日が巡ってきました。
毎週のように訪れる宮城県北部の市町は厳しい寒さの中、二つの表情を私達に見せています。
津波被害のなかった内陸部の静かな日常風景と、そして津波で浸水した沿岸部の壮絶な非日常風景と。
沿岸部の市町では浸水したこちら側と、免れたすぐ隣のあちら側で風景が分断されていて、そのどちらの風景の奥にも、私達に見ることの出来ない深い傷が潜んでいるとひしひしと感じます。
一昨日は仙台市で災害公営住宅基本計画の担当者が集まる合同会議があり出席してきました。各々担当地区の進行状況を報告したのですが、多くの地区で用地の確保や住宅の供給方法に課題を残していて、なかなか順調には進みません。県内では22,000戸の応急仮設住宅に人々が住んでいるという現実と向き合いながら、来年の今頃には一戸でも多くの快適なすまいをつくる事をめざす持続の心構えが今一番大切な事だと思っています。
さて「青森のすまい」は順調に工事が進み、4月中頃に完成予定です。
写真は現場の3階サンルームから見た南側の展望風景です。
勾配屋根から落ちる大量の雪は周囲にたまり、入り口を塞ぎます。
雪おろしに大きな労力と経済的負担がかかり、隣家とのトラブルも多く発生することから、雪国の住宅密集地では今、無落雪屋根が主流です。
奥の山並みは八甲田山です。光がどことなく柔らかくて、春がすぐそこまで来ている事を感じさせます。                                  2012.3.09
   
d0097607_145235.jpg

[PR]
Top▲ | # by sitigatu_atelier | 2012-03-09 15:00
2012.2月 厳冬
年があけてもう一月半の時間が過ぎてしまいました。
例年になく寒い冬ですが、このところ毎週のように厳冬大雪の宮城、青森通い
が続いています。宮城へは災害復興の公営住宅計画の打合せや会議で、そして青森へは大雪のなか工事が進んでいる「青森の家」の現場へ。
思えばあとひと月ほどで「東日本大震災」からまる1年。岩手、宮城、福島の3県で現在、応急仮設住宅52,000戸、民間借り上げ住宅67,000戸、そして公営住宅やURの住宅10,000戸での仮住まいが続いています。
現在は復旧期と位置づけ、来年以降の復興期にむけて、すまいを自力で再建・取得が困難な方(高齢者が多い)に対する公営住宅建設が急がれるわけですがその計画作成チームの一員として登米市、大崎市、松島町を担当しています。
毎週のように訪れる宮城北部の市町は身も凍るような寒さで、2月も半ばというのに春の気配は微塵もなく、津波被害で破壊された家屋や施設が風雪にさらされている風景があちこちに見られます。
一方この厳しい季節のなか、慣れない仮住まいを続けている人を思うと、「復興はすまいから」と強く感じます。はやくしかも大量に供給しなければいけないすまいですが、まちづくりの視点、コミュニティーへの配慮、耐震性・断熱性の確保、省エネ・創エネへの配慮、地元材活用による地域活性化への期待・・それらをしっかりと受けとめ、織り込んだ計画が不可欠です。
考えてみると我々建築家が日頃めざしてきた課題やテーマが「まったなし」につきつけられているのでした。
「建築家という存在が社会に試されている。」そんな緊張感の中でこれからしばらく復興計画の只中に身を置こうと思っています。
さて、青森の現場は厳しい気象条件の中、透湿防水シートと100ミリの断熱材に包まれた快適な室内で、壁下地や造作工事が着々と進んでいます。
とは言っても、一歩外は大量の雪に覆われていて、資材の搬入や足場の確保に多くのエネルギーを使わなくてはならず、そんな中、軽装で軽快に動き回る大工さんたちにただただ感心するばかりです。
悪条件の中、完成にむかって確実に工事が進む「青森の家」にふれると、災害復興住宅づくりに勇気をもらっているような気がします。

d0097607_1503369.jpg

[PR]
Top▲ | # by sitigatu_atelier | 2012-02-16 14:39
2011師走
12月に入ってすぐに、東日本大震災による災害公営住宅の計画の仕事が始まり、先週は宮城県北部の市町5ヶ所の現地打合せを行い、今週は仙台で県との協議があって、なんともあわただしく日々が過ぎて、気がつけば今年もあと3日となってしまいました。
一方「青森の家」は工事が順調に進み、12月23日には上棟式が行われました。宮城での打合せから引き続き青森に足をのばして、現場打合せと上棟式に行ってきました。
連日の厳しい風雪で青森市内は一面の雪景色です。
11月半ば、寒気が来る前に基礎コンクリート打ちが終了、12月初旬の建て方でしたから何とかこの大雪の前に外部作業は終える事が出来ました。
現場は今、屋根も葺かれ、外壁部も透湿防水シートで覆われ、足場シートですっぽり囲われています。
毎日の現場まわりの雪かきや寒さと闘いながら黙々と工事を進める職人さんたちの姿に触れると頭が下がる思いです。事故のないよう、あせらず慎重に工事を進めてほしいと思っています。

宮城の災害現場を半年ぶりに訪れて、以前と変わらない風景に言葉を失います。
今回の災害公営住宅づくりを通して、建築や環境にかかわる者としての自身の存在が試されている気がしています。
そして、すぐそこに来ている来年は、穏やかで希望の芽を感じることの出来る一年であるように願ってやみません。
来年もこのブログを通して、仕事のこと、徒然に感じた事などを発信してゆこうと思っていますのでよろしくおつき合い下さい。
それではどうぞよい年をお迎え下さい。         2011 12月29日
d0097607_23311115.jpg

[PR]
Top▲ | # by sitigatu_atelier | 2011-12-29 23:39
2011晩秋
先週、晩秋の青森に行き、配筋や木材のプレカットの打合せをして来ました。
現場は基礎工事に入る直前ですが、着いた日に八甲田山頂が初冠雪して、もう長く厳しい冬がそこまで来ているのでした。
とにかく、本格的に雪が降る前に建て方まで完了しなければならず、毎日の天気予報が気になるところです。
もっとも今年は雪が遅いそうで、例年なら11月初めくらいに一度、市内でも雪が舞うそうですので、「雪よ、もう少し待って!」と願うばかりです。
ところで今回、実はこの住宅の施主である友人のお母様が急逝して、その葬儀に参列する為の青森行きでした。
完成をとても楽しみにされていて、この夏お会いした時、持参した50分の1の模型を食い入るように、じっとご覧になっていた姿が忘れられません。
ご冥福を心から祈りながら、そしてお母様の遺志をついでこの住宅を完成させると決意した友人のためにも、納得のゆく「青森の家」をめざしてゆこうと意を新たにしました。
                             11月17日
d0097607_1240018.jpg

[PR]
Top▲ | # by sitigatu_atelier | 2011-11-17 12:41
2011・秋本番
2日程前に青森に行って来ましたが、朝夕はセーターが必要なくらいに
寒く、紅葉の秋へそして長い長い冬へと確実に季節が進んでいることを実感
しました。
青森では昨年から進めている住宅の確認申請決済受け取りと工務店との打合せをしてきました。いよいよ来週から着工です。雪が降る前に、つまり11月末
までの上棟をめざして待ったなしの現場が始まるわけで、身の引きしまる思い
です。
さて先日、東京赤羽にある「赤羽台団地」に行ったのですが、そこにある星形の平面をしたいわゆる「スターハウス」に改めて感動しました。
団地全体の建替えが進んでいて、40年前に建てられたこの建物も近いうちに取り壊されるわけですが、全戸に通風日照が得られる発想の柔軟性、5階建てというスケール感やプロポーッションのよさなど、今もその輝きは全く失われていません。
いつの時代にあっても人の心を動かし、あたたかくする建築をめざしたいと思っているのですが、この「スターハウス」に久しぶりに出会って勇気や元気をもらったような気がしました。
                                      10月21日
d0097607_18121426.jpg

[PR]
Top▲ | # by sitigatu_atelier | 2011-10-21 18:16
2011・晩夏

8月に入って猛暑が復活して、電力供給状況を気にしつつクーラーをつけっぱなしにして仕事をする日々が続きました。
先日「青森の家」の確認申請を提出。木造3階建てなので構造計算書を含めて
かなりのボリュームの申請書類を県内の民間審査機関に郵送し、受け付けてもらいました。来春の完成まで工期半年、雪が来る前までの上棟をめざしていよいよ設計作業も最初のクライマックスを迎えました。
ところで7月に完成した「土浦の家」に先日行ってきました。今月初めに無事
引っ越しも終わり、生活の場として歩みはじめた空間に身をおくと、設計から完成までほぼ一年間の様々なシーンが思い出されて感慨もひとしおでした。
ご家族から感謝の言葉をいただき、また被災地の住環境整備の現状を思うと住まいを設計することの重みを再認識しました。

                      
   





        

                           

                                                                      
                                  
[PR]
Top▲ | # by sitigatu_atelier | 2011-08-28 22:13
2011 盛夏


盛夏といっても覚悟していたほどの暑さにならず、やはり今年は気象が変調しているのかと気になるところです。しかし昨年に比べて身体は随分楽で、また
電力消費も抑えられ、これはせめてもの「天の恵み」と考えていいのでしょうか。
さてこのブログも久しぶりになってしまいましたが、この3ヶ月のあいだ相変わらず打合せや締め切りに追われる毎日でした。
まず「土浦の家」が7月なかばに完成しました。いつものようにご家族と我々で土間にきれいなタイルを埋め込んだり、「えごま」という植物油をカウンターに塗ったりして最後の仕上げを楽しみました。
引き続き「青森の家」の設計が本格的に始まり、8月中に見積図や確認申請の提出の予定で、毎日図面や模型づくりが続いています。
そして先月は震災復興のコンペに応募しましたが、6月のはじめに行った仙台、名取、南三陸、石巻の凄惨な風景を思うと安易な提案は出来ず難儀しました。
3・11を境にして、計画や設計という意味が根本的に問われているとつくづく感じます。毎日の作業のなかで、その答えを見つけ出してゆこうと思っています。
d0097607_1445224.jpg

[PR]
Top▲ | # by sitigatu_atelier | 2011-08-04 14:08
「ねこじゃらし公園」17才。
再開した土浦の現場に週一回のペースで通っています。
車で三郷から常磐道に入り、桜土浦で降りるのですが、「いわき四倉から常磐富岡まで災害による通行止め」の大きな掲示板を毎回目にして、この道の先にある多くの苦しみや困難を思い、心がふるえます。
さて、先日「ねこじゃらし公園」の17回目のバースデイが開かれました。
20年前に初めてこの敷地を訪れ、そして設計が始まりました。地域の人たちとワークショップを重ね、多くの人たちと出会い、試行錯誤をくりかえしながら3年の年月を経て完成したのですが、久しぶりにその時の皆さんと顔を合わせ、豊かに成長した空間に身をおくと、その頃の光景がついこの間のように思い出されます。
皆で力を出し合ってつくった公園だからこそ、ずっと昔からそこにあったように風景にとけ込み、地域の人々の生活空間の一部のように受け入れられているのだとつくづく思います。今ここで元気に走り回る子供達のまたその子供達にも受け継がれていってほしいと願っているのです。

d0097607_20552951.jpg
d0097607_2056390.jpg

[PR]
Top▲ | # by sitigatu_atelier | 2011-04-25 20:59
| ページトップ |


カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
" bluedog 3C" Skin
by Animal Skin